Diversity: 心の扉をひらきましょう!

diversity

Singapore does not equal Merlion. A stereotype I shall fight to death.

 

So on June 17th, I was given the honour of giving an hour-long speech to the students on the school’s library board. They told me I could make the speech in English or Japanese on pretty much any topic I wanted.

Given my experiences within the past few years and the chain of incidents that have been happening in recent times, I decided to speak about diversity and the importance of accepting and appreciating it.

Over a couple of months, I crafted this baby with the help of my amazing Japanese tutor, my super lovely teachers at my school and friends. They dedicated a lot of time and energy to help me and for that I’m so very grateful.

I was dead nervous and I still think it was far from perfect, but I truly learnt a lot through this challenging experience. Now, I have an hour-long Japanese speech/lecture under my belt! Yus!

One thing I feared was that I’d come across as an outsider criticizing Japan, which isn’t the aim of this speech at all. However, reading through the feedback slips the students wrote, that doesn’t seem be be a problem and they got the main message I was trying to communicate to them.

In fact, it seems I had quite the positive impact and several of them have said they would rethink their view of the world. Can’t express how happy this makes me, because I honestly expected some kind of angry response to my speech.

Here’s the script I crafted (with all the help). I used this structure to help me in case I got lost in my speech or forgot what I was talking about. Enjoy.

####################################

Diversity: 

Hi Everyone! Today, before I start my lecture, there’s something I want you all to do. On the sheet of paper I’ve given you all, I’ve written down the name of some countries.

今日のレクチャーを始める前に、ちょっとやってもらいたいことがあります。 みなさんにくばってある紙にいろんな国の名前が書いてあります。

China

South Africa

France

America

Japan

India

Singapore

Brazil

Australia

I want you to write down the stereotypes you have of all of them. What comes to your mind when you see the names of these countries?

この国々のこと、皆さんが持っているステレオタイプ(こていかんねん)をかみに書いてほしいです。この国々の名前を見る時、パッと出てくるイメージはなんですか? それを、書いてください。

Ok thank you!! I’ll come back to this at the end of this lecture.

はい、ありがとうございます! このレクチャーの終わりごろまたこのステリオタイプを見ましょう。

So I’m sure all of you are wondering what today’s lecture is about.
The topic I shall touch on is “Tayousei”
Eh, what’s “Tayousei”?
“Tayousei” is Diversity.
Let me explain

ところで、皆さんは「今日のレクチャーは何についてか」と疑問に思っていると思います。
今日の話は、多様性です。
え、多様性って何?
多様性is Diversity.
説明します。

As humans, no two of us are the same. We’re all different. And by different, I don’t just mean our faces and our skin tones. We also differ in the way we think and talk. So, no two of us can be absolute carbon copies of each other. Not  even twins.

人間というのは、誰一人として同じではありません。みんなそれぞれ。つまり、顔や肌の色だけじゃなくて考え方や話し方でも、みんなことなります。誰1人全く同じ人はいません。たとえふた子でさえも。

That is “Diversity”.
So, if you really think about it, everyone is diverse.
Right?
However, people who stand out aren’t really liked.
As a result, things like bullying or suicides happen on an everyday basis.

That is Diversity.
だから、よく考えたら、everyone is diverse.
でしょう?
しかし、目立つ人はいやがられる。
それで、いじめや自殺などさまざまなことが毎日起こっています。

Whether it be a child who’s big sized,
Whether it be a child whose skin tone differs from the rest,
Whether it be that child with a slightly louder voice ,
Or the child whose way of thinking is different from the rest…

ちょっと太っている子とか、
肌色が変わった子とか、
声のでかい子とか、
考え方が他の人とちょっと違う子とか。。。

Aren’t they quickly labelled as the “weirdo”?
Therein lies the problem.
The line, “That person is weird!” is used so easily on a daily basis…
But I think those words posses a meaning that isn’t so light.
* The Japanese word “Kawatteiru” literally means “different from others” but in my translation, I’ve used “weird” as the casually used equivalent.

「あ、あの人は変わった人だ!」とぜったいに言われるでしょう?
それは問題です。
「あの人は変わっている」というセリフはみんなよく日常的に使うけど。。。
その言葉の持つ意味はかるくないと思います。

To explain why these words aren’t as light as we imagine them to be, I’ve got 3 videos for you to watch.

こういう言葉はなんでかるくないかと説明するために、
今から3つのビデオを流します。みてください。

(Play Astalift White CM)

So recently, I’ve been seeing this Astalift White CM on Youtube a lot.
What do you all think?
I’m pretty sure you’ve all seen commercials like this right?

最近、このCMをYoutubeでよく見ました。
皆さん、どう思いますか?
こういうCMを見たことがあると思うんですね。。。

(Show video of Trump talking)
All of you might probably know who this person is.
He’s the man running to be the president of the United States of America. Trump.

たぶん、皆さんもこの人は誰と知っていると思います。
今、アメリカのだいとうりょうになろうとしているトランプですね。

(Show video of Hitler talking)
And, this person too, you know him right?
It’s Hitler.

この人も、誰かわかりますね。。。
ヒトラですね。

I’m sure you’d all be a bit taken aback if I were to compare Trump and Hitler’s videos to the skin whitening commercial. Let me explain more.

トランプとヒトラーをこのCMと比べたら、みんなも「えー!!」と思うでしょう?
私はもっと詳しく説明します。

If you listen to Hitler and Trump’s speeches, you’ll realise that they’re doing the same thing. One talks about Jewish people stealing the jobs of German people. The other talks of Mexicans being murderers. In both cases, you have 2 individuals who’re rejecting groups of people who are different to them. This way of talking is extremely dangerous.

ヒトラーとトランプのスピーチをよく聞いたら、二人は同じことをやっているのです。ユダヤの人々はドイツ人の仕事を盗んでいるとかメキシコからくる人は人殺しとか。。。自分と違うグループの人はダメだと言っています。そういう話し方はとてもとても危ない。

This is why I don’t take too kindly to the Astalift commercial (skin whitening commercial).  Sunburns are never pleasant. They hurt and aren’t really good for your dermatological health.

だからこそ、そのAstaliftのCMはあまりよろしくないな、と思います。日焼けするのは誰でも好きじゃないと思います。痛いし、健康にもよくないんです。

However, the message that you get from commercials like Astalift is not one about skin health or anything of that sort. It basically says “You’re gonna turn black”. White skin is good. Black/Dark skin is bad. When darker skin is portrayed in a negative light in commercials like this, how do you think people like me or sporty high schooler feel?

でも、AstaliftみたいなCMに出てくるメッセージは健康とかじゃなくて、「あなたは黒くなる」というメッセージ。白い肌はいい。黒い肌はよくない。
黒色の肌にたいして悪いイメージがあるのではないですか? そういうメッセージをCMの中に入れる時、私やスポーツをよくやる高校生のような肌が白くない人がどう感じると思いますか?

How do you think the Jewish people in Germany felt about Hitler’s speeches?

ドイツにいたユダヤ人はヒトラーのスピーチ聞いてどう感じたと思いますか?

How do you think Mexicans and people of Mexican descent in America, feel about Trump’s speeches?

アメリカにいるメキシコ系の人はトランプのスピーチを聞いて、どう感じると思いますか?

Alriiiight, break time! Turn to the person beside you and discuss the opinions you have regarding white skin and darker skin tones.

はい!じゃーきゅうけいTIME! となりに座っている人と、白肌、黒い肌にたいして持っている意見を話してみてください。

====================================

So, what exactly does it mean to be a “Japanese person”?

ところで、日本人って、なんですか?

Diversity within Japan Even within Japan, there is a lot of diversity. The Ainu, the Ryuukyu, the Chinese and Koreans…but I always hear a lot of you say “Japanese culture this, or Japanese culture that.” What is this generalized “Japanese Culture”?

実は、日本にも多様性があります。 アイヌ、琉球、中国系、韓国系、ハーフの人。。。などが住んでいます。 しかし、日本に来てよく聞くのは「これはJapanese Culture, それはJapanese Culture」。このJapanese Cultureはいったい何ですか?

The truth is, even Toyama has it’s own culture. It’s so different compared to Tokyo or Kyoto and I love it.

富山県にはどくじの文化があります。富山べんがあります。東京や京都、沖縄と比べたら、富山の人や名物や話す表現や祭りはすごく違う!

So…
What defines a Japanese person?
What is Japanese culture?
What is Japan?

だから。。。
日本人らしさとはなんですか?
日本の文化は何ですか?
日本のイメージはなんですか?

On one hand, you have a Yamato Nadeshiko, good wife and mother, type of person. On the other hand, you have a Kyary Pamyu Pamyu type of person. You have men who look like they work at host clubs. And then, you have men who’re total geeks.

Of course you have your office workers.

They’re all Japanese people!

例えば、日本人の女性と言ったら、やまと・なでしこタイプなりょうさいけんぼを思い出します。。。いっぽう、キャリー・パミュ・パミュみたいな可愛いカルチャーの女の人も思い出します。
男性だったら、ホストクラブで働いている肉食男子もいます。いっぽう、完全なオタクもいます。

もちろん、ザー会社員もいます。

みんなも日本人。

Even if I were to talk about Japan, on one hand, you have high end, fast fashion Tokyo.
On the other you have gorgeously, traditional Kyoto.
And you still have Osaka, Okinawa …
If we went on about how each and every prefecture is different, this conversation wouldn’t end.

日本の話をしても、ファストファッションでハイテクな東京や、
すごいステキでんとうのある京都もあります。
で、大阪とか沖縄の話はまだやってないんです!
それぞれの県の違いの話を始めたら終わらないんです。

If all of Japan were the SAME, I don’t think I’d have travelled to all the places. But, wherever I went in Japan, I felt like I was in a different world. It’s immensely touching. Talking to different people, living in different prefecture, you get to see so many different Japanese faces. It’s AMAZING.

日本全国全く同じだったら、私は今までこんなにいっぱいトラベルしてないと思います。どこいっても、別世界みたい。すごくすごく感動するんですよ。いろんな場所に住んでいるいろんな人に話しかけたら、日本のいちめんを見ることができます。It’s AMAZING.

My question to all of you is, why not embrace it and celebrate these differences?

だから、今私が聞きたいのは、「なんでみんながこの違いを認めて、この違いに持たないんですか?」ということです

“I wanna live in Toyama all my life,
I don’t really want to go anywhere else.
I don’t want to get out of Toyama.
I’m scared of going overseas, it’s dangerous.”

I hear these lines SO many times.

『富山にずっと住みたい、
別にどこへも行きたくない。
富山から出たくない。
海外は怖い、危ない!』

このセリフをなん回も聞いたことがあります。

To tell you the truth, with that thinking, you can’t go anywhere. You can sit in your house and be a hikikomori…but even then, you can’t be 100% safe. I mean, Japan’s literally on the fault line …so IF something happened…there really is nothing much you could do.

そういう考えを持っていては、本当にどこでもいけないですよ。家の中に座っていて、ひきこもっても。。。 そうしても、100%安全と言えないでしょう? だって、日本全体は完全にプレートの上に乗っているでしょう? This is 地震国でしょう? だから、本当に何かあったら、どうしようもないでしょう?

====================================
It’s not just you.

これは、日本だけの問題ではないんです。

I really want you to understand that I’m not blaming you or telling you that you’re horrible people. In fact, this way of talking or thinking is not unique to Japan. I know many Singaporeans who think like that. They hate foreigners. We call this Xenophobia. A fear of foreigners.

わかってもらいたいのは、今私はみんなをこうげきして、あなたたちはひどい人と言っているわけではないんです。実は、これは日本だけに当てはまる話ではありません。私は外国人がきらいというシンガポール人を何人か知っています。こういう人のことを、Xenophobia と呼びます。外国人きょうふしょう

So a little bit about Singapore, we are TINY. We’re just 1/2 the size of Toyama prefecture. Imagine that! SO small.

ちょっと、シンガポールの説明をします。シンガポールはものすごく小さい東南アジアにある島国です。富山県の1/2の面積しかありません。小さいでしょう?

On this tiny island, we have about 6million people.

この小さな島国にろっぴゃく万人の人が住んでいます。

74.1% are Chinese.
13.4% are Malay.
9.2% are Indian.
3.3% are “Others”.
*I have issues with the use of “Others” in Singapore but in the Japanese translation, it translated pretty well into “People of other racial groups”.

74.1%は中国系
13.4%はマレー系
9.2%はインド系
3.3%はその他の民族.

So I don’t look like most other people in Singapore

だから、私は大部分の側にはぞくしていません。

I’m a minority.
To put it nicely, I’m a rare species.
*Wanted to say Unicorn, but whatever.

私はしょうすうはです.
優しくいえばレア物です。

There is so much inter-race unity and I have learnt SO much about other races and cultures and languages just by being Singaporean. Singapore is just so multi-cultural and multi-ethnic and multi-lingual that until very recently, I took this for granted. My friends are so different from each other. I eat different foods from across the world, and hear a multitude of languages on daily basis. Muslim Mosques and Indian Temples stand side by side.

This is the beauty of my country.

I couldn’t explain this to you in just one lecture.

シンガポール人でくらしていただけで、他の民族と文化と言語のことを学べました。
多民族、多言語、多文化。。。こういうのは当たり前と最近までは思いこんでいました
私の友達も多様な人たちたったんです。毎日、色んな民族の料理を考えずに食べたり、
色んな言語を聞きました。イスラーム教のモスクとヒンドゥー教のお寺がとなりどうしにあったりします。

これは、私の国の美しさ。

このレクチャーだけでは、すべてを説明できないんです。

Yet, there is ugliness too.

でも、その美しさの中に、みにくい所もあります。

From my Primary school days, I’ve faced racism. There have been cases when I’ve gotten into a taxi and the taxi driver asks “Oi, where are you from? Are you from India?” When I reply that I’m Singaporean, some people ask “You were born in Singapore or you just come here and get passport?” Then they say horrible things about India and Indian people to me.

小学校の時から私は人種差別を何回か受けたことがあります。 「おい、お前、どこから?インド?」とシンガポールのタクシー運転手さんに聞かれたことがあります。私はシンガポール人ですと答えても、「ここで生まれたシンガポール人か、ここに入ってきてパスポートをもらった人ですか?」と聞かれたことがあります。インド人の悪口を言います。

Let me tell you this.
My Mother is Indian.
My ancestors are Indian.
How am I to respond to harsh words like these?

一つ教えます。
私の母はインド人です。
私のご先祖さんもインド人だったんです。
こういうひどい言葉を聞くと、私はどう言えばいいですか?

Being asked where I’m from, in my own country is very sad for me.
Why must people ask me such a question?
If I am a good person, does it matter where I’m from?
Even if I’m a BAD person, does it matter where I come from?
One person does NOT equal an entire nation.

自分の生まれた国なのに、そんな質問されるなんて。。。言葉で言えないほど悲しいですよ。
なんでそういう質問を聞かなきゃいけないの?
私はいい人だったら、私はどこから来たかって関係がないでしょう?
もし私は悪い人としても。。。それにしても、私はどこから来たかって関係がないでしょう?
人イーコル国とは言えない。

Alriiiight, break time! Living in Japan, have you witnessed any discrimination? Have you faced discrimination? Have you discriminated? You don’t have to just talk about racial discrimination. It can be any form of discrimination. Talk with your partner!

はい!じゃ〜きゅうけい!日本にいて、差別を見たことかありますか?受けたことがありますか?やったことがありますか?人種差別だけじゃなくて、他の差別のことでも大丈夫。

====================================

One Person does NOT equal an entire nation.
Huh? What does that mean?
(Take a deep breath)
The issue I want to talk about from now…is a little difficult.
But, I’d like for all of you to keep an open mind/heart and listen.

人イーコル国とは言えない。
えーそれはどういう意味ですか?

(息吸って)

今から、私が話すことは難しいかもしれませんが、
心をオープンにして、ちょっと聞いてください。

(Show picture of Chinese tourists climbing Sakura tree)
For example, the Chinese tourists who travel to Japan are often highlighted for their bad manners and it’s a small problem here isn’t it? As a result, hasn’t it become a sort of bad image for them that Chinese tourists as a whole have bad manners? Not to worry, even in Singapore and pretty much all over the world, many people have such an image of Chinese tourists. So I’m not just talking about you.

例えば、中国からの観光客のマナーの悪さが日本でたびたび問題になっていますね? そのせいで、中国人はみんなマナーが悪いというイメージになっていませんか?心配しないでください、シンガポールや、世界中でも、同じようなイメージがあります。

The difficult part starts here. I want to say that these Chinese tourists don’t represent ALL Chinese people.

難しい部分はここから始まります。 この中国人の観光客イコール中国の国民みんなにはならないのです。

 

Let me explain. Firstly, the entire Chinese population is about 1.375 BILLION. Number 1 in the entire world. And what percentage of this 1.375 BILLION people, do you think are coming to Japan to travel? According to the Foreign Ministry, it gave about 3.78 million visas to Chinese tourists (coming to Japan) in 2015. It’s a REALLY small percent. About 0.274%!!!

なぜかと言うと、まず中国の人口は13おく7ひゃく5じゅうまん人ぐらいです。
世界第1位です。
その13億人から、観光客として、日本に来る人は、何パーセントだと思いますか?
日本のがいむしょうによると、去年は、3びゃく7じゅう8まん人の中国の観光客にVISAがあげられた。本当に少ないです。0.274%ぐらいしかない!!!

And even within that percentage you’re seeing only a certain group of people act that way. If you think about it, to go on holidays or trips you need money and time. Even if you aren’t filthy rich, you probably aren’t struggling to make ends meet if you are able to travel. I would go so far as to say that we are looking at all the bad habits of small, highly mediatized group of people who belong to a much huger community.

Please don’t stigmatize an entire population of a country based on the actions of a few.

その中のほんの一部の人だけです。
考えてみたら、外国旅行に行けるのは、お金と時間がある人でしょう?
すごいお金持ちではなくても、毎日の生活だけでせいいっぱいの人ではないでしょう?
もっと言えば、私たちが見ているのは、とくていの人たちのその中のほんの一部の人の悪いおこないがメディアに取り上げられているものです。Waw!

一部を見て、それが全部に当てはまると思わないでください。

Even as I say that, I want to point out that it’s not like I’m perfect. I’m not always so kind with my feelings and way of thinking. Last year when I went to the Tateyama snow walls, I encountered some Chinese tourists who spoke with loud voices and were quite a nuisance to the people around them.

と言っても、私もかんぺきじゃありません。いつもこんな優しく考えられるわけではありません。去年、雪の大谷を見に行った時、中国人がすごい大声で話してて、周りの人の迷惑になってて。。。

At that time, I got really irritated and annoyed and would even tut at them. I’d get angry, thinking “What the hell, annoying Chinese!” This has happened several times. But, when I cool down, I always feel like I can’t group them all into one lump. Because, if I were to start thinking like that, how then am I any different from Hitler or Trump? That thought is scarier than anything else.

その時、私はイライラして、腹がたって、したうちもしたりしました。
『なんじゃそりゃ、迷惑な中国人だ』とおこっていました。このようなことは、何回もありました。 でも、そのあと、れいせいになった時、いつも思うのは、その人たちイコール中国人と思ってはいけいけない。もし、そんな風に思ってしまったら、私とヒトラーや、トランプと同じになってしまうでしょう?前、私を差別した人と同じになってしまうでしょう?その考えは何よりも怖いです。

OKAAAAAY, break time again! I’d like for you to discuss with your partner, what do you think about Chinese people? What image do you have of them and why?

はい!またきゅうけい! 皆さんは、中国人のこと、どう思いますか?なんのイメージを持ていますか?なんで、そういうイメージを持っていますか?となりの人に話しかけてください!

====================================

The next thing I want to talk about is ROMNATICISM. It’s sort of the opposite of what we just talked about. Previously, we talked about the dangers of stereotyping an entire race of people based on the wrong doings of ONE. Next, I would like to talk about how even the “positive” stereotypes are bad.

次に話したいのは、ロマンチシズムです。
前の話と反対の話です。
さっきは、一部の人の悪いことを見て、みんなが悪いと思ってしまう話をしました。
今度は、一部の人のいいことを見て、みんなも同じといいイメージを持ちすぎてしまう話をします。

“Half-babies are SO cute!!”
“I want to marry a GAIJIN!”
“Foreign men are such gentlemen!”
“Foreign women are super pretty!!”
“Singapore is SUPER rich isn’t it? Yagnya, are you rich??”
Nope. I’m broke.

「ハーフの赤ちゃんって、かわいいね!」
「外人さんと結婚したい!」
「外人さんって、ジェントルマンでしょう?」
「海外の女の人は美人!」
「シンガポールはお金持ちランドですね、ヤグニャ?ヤグニャはお金持ち?」

違います。I am ビンボーです。

(Show photo of Angelina and Brad Pitt)
When you think of a foreigner, I know many people who think of someone like this! HOWEVER!
(Show my face)
A person like THIS is ALSO a foreigner.
Not every foreigner is a small faced, high-nosed, long legged white person.

外国人というと、こういう外国人しか思い出さない人は多い。
しかーし!
こういう人も外国人でしょう??
みんなが小顔で、鼻高い、足長い、白人ではない。

(Show picture of Arianna Miyamoto)

When you say the mixed-race children are cute, what SORT of mixed-race kids are you talking about? Even though Arianna Miyamoto became Miss Universe Japan last year, many people don’t accept her as a Japanese person. As a young girl too, she was never seen as a “Cute mixed-race kid.”

ハーフの子供は可愛いというけど、どのようなハーフの子をみんな思っていますか?アリアナ宮本は去年のMiss Universe Japanになったんだけど、彼女を日本人と認めてない人は多い。若い頃も「可愛いハーフの子」と呼ばれなかった。

Overseas, there are people who see Japan as the land for Geisha, Ninjas and Samurais. “Asians are obedient and quiet”
“Oriental people are so exotic!”
“I LOVE the Japanese Geisha costume! I’m gonna be a sexy Geisha for Halloween”
There really are sexy geisha costumes like this.

海外では、日本イコールGeisha, Ninja and Samurai と思う人もいます!
「アジアの女の人はおとなしくて、静か。」
「オリエンタルの人はエクゾチックでしょう!」
「あたし、ジャパニース・ゲイシャ・コスチュームは大好き!
今年のハロウィーンはセクシーゲイシャにしたいんです!」
こういうコスチューム本当にゲイシャコスチュームと呼ばれて売っているんですよ。

It’s really strange and weird right?
I mean, you guys aren’t Geishas and Samurais who walk around in Kimonos eating Sushi all day right?

変でしょう?おかしいでしょう?
みんなも、毎日着物を着て寿司を食べているサムライかゲイシャではないでしょう??

These are shallow statements that people sometimes make when they don’t understand the world deeply enough. And, inadvertently, what may seem like praise, may come across as an insult.

この世界はどれぐらいふかいかとよくわかっていないと、こんな風に話してしまうでしょう?だから、ほめ言葉にならずに、ぎゃくにぶれいなことになってしまわないんですか?

Alright! Discussion time! What kind of Romanticized images have you had of foreign countries?

OK, 話しましょう!今まで、海外のこと、どういうロマンチックなイメージを持っていたことがあるんですか?

====================================

So what CAN we do?
『あっちもダメって、こっちもダメって、ヤグニャは何言いたいの?』と思っているでしょう?いったいどうしたらいいですか?

I don’t look like you. This is a fact.

No matter how much I play the Koto, or dance Nihon Buyo or do Tea Ceremony, I’m not going to become a Japanese citizen unless I get a passport change. Even then, my experiences and culture will be different to yours.

私はあなたたちと似てない。

どれだけ箏とか日本舞踊とか茶道をやっても、私のパスポートが変わらないと、日本人にはなれないんです。もしパスポートが変わっても、私の経験や文化はあなたたちと同じくならないんです。

As humans, we all look different and behave different  I would never want these differences to be ignored.  Instead I wish to propose that we acknowledge and appreciate differences.

人間として、私たちはみんな違って見える、違うようにふるまう。その違いをむししてほしくないんです。その代わりに、私は、違いを認めて、楽しいんで、かちをみいだすことをていあんしたいんです。

Before we start deciding that overseas in “this” kind of place or “that” kind of place, I really suggest you step outside with an open mind and heart. And, when you DO step out, the great thing is you don’t just learn about the outside world. You start learning more and more about your own identity too!

海外はこういう場所ですとか、あーいう場所ですとか決める前に、心を開いて、外にちょっと出てください。外に出ることで、外の文化だけじゃなくて、自分の文化と自分のアイデンティティーもはっきりわかってくる。

When I talk to you about Vegetarianism, when I talk to you about my culture and my country, don’t say things like “I’m so happy I’m Japanese!” When you say this to me, I feel hurt.

私は肉と魚が食べられないというとき、私の文化の話をするとき、シンガポールの話をするとき、「日本人に生まれてよかった!」みたいなことを言わないでください。そんな話をすると、私は悲しくなります。

Just like all of you, I like my own country and I love my culture. I also like your country and your culture. However, when you say things like that, you make it sound like Japan is the best country in the world, and other countries are bad. Instead, why not open your hearts?

みんなと一緒で、私は自分の国と自分の文化も大好きです。もちろん、このすてきな日本と日本の文化も大好きです。じゃないと、たぶん2年間もここで住んでないと思うんです! でも、日本だけすごいみたいな話をすると。。。あー残念だな。。。と私が思う。 そうではなくて、みんなが、自分の心を開きませんか?

Ask questions. Ask me questions like “What kind of culture my country has or what fashion trends are like or what Japan-Singapore relations are like or what Singapore law is like.”

I’d be the happiest person to answer those questions.

いっぱい質問をしてください。
「シンガポールってどういう文化ですか?シンガポールでどういうファッションが流行っていますか?日本とシンガポールの間の関係はどうですか?シンガポールのほうりつはどうですか?”

このような質問をさせたら、私は大喜びで答えるんですよ。

Read as much as you can about the world!

もちろん、世界のこといっぱい読んでみてください。

Look at the paper I gave you at the start of this lecture. Look at the stereotypes that you’ve listed. I would like us all to think again about these stereotypes we have of the world around us. It’s just so easy to put things into labeled boxes.

Female. Male. Black person. White person. Asian. European. Gay. Teacher. Muslim.

But, a human being is so much more than a label.

このレクチャーの初めに皆さんにわたした紙をもう一回見てください。皆さんが書いてたステレオタイプをもう一回読んでみてください。もう一回、この世界のこと持っている全てのステレオタイプ(こていかんねん)のことを考えてみましょう。私たちの周りの世界をレッテルはった箱の中に入れるのは本当に簡単です。

女。男。黒人。白人。アジア系。ヨロッパ系。ゲイ。先生。イスラーム教。

しかし、人間はこの種類だけでひとくくりにすることはできません。

There’s a huge danger in putting people in boxes and labeling them. I was actually writing my speech when a horrible thing happened in Orlando, America on Saturday night. A man walked into a gay club and shot about 50 people dead. He said he was an ISIS supporter. People like Trump are saying this is the reason why Muslims should not enter America.

人を箱の中に入れてレッテルをはるのは非常に危険です。このスピーチを書くとき、土曜日の夜、アメリカのオーランドですごくひどいことがおこなわれました。ある男の人は、ゲイクラブの中に入って50人をうって殺したんです。自分がISISのサポーターと言いました。これを理由としてトランプみたいな人が、イスラーム教の人はアメリカに入ってはいけませんと言っています。

This is exactly what happens when you reject diversity.

多様性をこばむと。。。けっかはこんなもんです。

Many people, like the man who shot the people, cannot accept LGBT people.
They want to take away these people’s rights. People like Trump cannot accept religious diversity.
They don’t understand that Islam and religious extremists are two very different things. The world isn’t as simple as that.

その犯罪者みたいにLGBTとかゲイの人を認めない人は多い。
だから、LGBTの人のけんりを取りのぞいてもいいとその人たちが思っています。。
トランプみたいな人はしゅうきょうの多様性を認めずに生きています。
しゅうきょうかげきはのひとは全然違うとわかってない。 この世界はそんなに簡単じゃないんです。

Appreciate differences and diversity.

The world is so big and colourful, don’t you think you make your lives boring by rejecting differences?

だから、違いと多様性にかちを見い出しましょう。

だって、世界はとても広くて、カラフルで。。。違いをきょぜつすると、カラフルなその人生は、つまらないモノクロームになってしまいませんか?

Thank you. 🙂

ありがとうございました。:)

 

Advertisements

Previous Older Entries